中国サッカーの情報を集めています。吉祥虎とは大連実徳のマスコットの名前です。「きっしょうとら」と読みます。たぶん。(管理人:ぞい)


by cfbs2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
19日のブラックバーン戦にフル出場した孫継海が、プレミア100試合出場を達成。これはアジア人初でいいのかな。試合は0-0で引き分け。今回はセンターハーフで出場したようです。

元記事(中国語)
元記事(BBC)
[PR]
# by cfbs2 | 2005-11-20 17:22 | 海外組・海外移籍
19日、スーパーリーグカップの2ndレグで武漢黄鶴楼が深セン健力宝に2-0で勝利。合計3-1で昇格組ながらリーグカップを制覇しました。

元記事
[PR]
# by cfbs2 | 2005-11-20 00:42 | 国内リーグ
山東省の濰坊で行われていたアジアユース予選グループM。
中国はモンゴルに11-0、台湾に9-0で勝ち、本大会への出場を決めました。
根宝足球学校の王雲龍が、2試合で7得点を挙げています。

元記事
[PR]
# by cfbs2 | 2005-11-18 21:06 | ユース
長沙で行われたブルガリアとの親善試合は0-0の引き分けに終わりました。
これで現チームのヨーロッパとの対戦成績は

スペイン    0-3
アイルランド  0-1
ドイツ      0-1
セルモン    0-2
ブルガリア  0-0

まぢですか・・・・
1点も取れてないのかー。

FW 董方卓(71分・李毅)、ガオ林(80分・謝暉)
MF 陳涛(75分・李彦)、曹陽(88分・蒿俊閔)
   李鉄(63分・張帥)、王亮、孫祥
DF 季銘義、李[王韋]峰、張耀坤
GK 李雷雷

李毅大帝(日本の「師匠」に相当)がなんと10番をつけての出場。
しかしブルガリアの選手は、パジンの処分をどう思ったんだろうか。

元記事
[PR]
# by cfbs2 | 2005-11-17 02:38 | 中国代表
南京でセルビア・モンテネグロと対戦した中国隊。鄭智の欠場も響き、0-2で完敗しました。

得点者:ジョルジェビッチ(徳勤徳傑維奇)、ジギッチ(季基奇)

FW:謝暉(59分・ガオ林)
MF:邵佳一(68分・鄒捷)、曹陽(85分・肇俊哲)、李彦(41分・陳涛)
   孫継海、孫祥(76分・徐亮)、李鉄
DF:季銘義、李[王韋]峰、張耀坤
GK:李雷雷

元記事
写真特集

セルビアの得点はいずれもヘディング。中国隊は身長はあるけど、セットプレーやクロスに対してマークが緩いんだよなー・・・と書こうとしたらジギッチさんは202cmだそうです。ほえー。
[PR]
# by cfbs2 | 2005-11-14 02:15 | 中国代表
ACLの準々決勝・第2戦、アル・イテハドvs山東魯能の試合で、審判への抗議などで退場になった3人への処分をACLが発表。

鄭智は審判への侮辱とつば吐きにより、代表・クラブ、国内・国外のあらゆる試合に関して、6ヶ月の出場停止と罰金4500ドル。

パジンは同じく18ヶ月の出場停止と4500ドル。

トゥンバコビッチ監督はアシスタントレフェリーへの暴力(手で突いたとか、そういうことかな)により、6ヶ月の監督席での指揮停止。罰金4500ドル。

元記事(中国語)
元記事(footballasia)
その試合のダイジェストムービー(最後の方にちらっと抗議の場面)

いい加減、才能をムダ使いするな。
しかし、パジンの18ヶ月って異常だな。
[PR]
# by cfbs2 | 2005-11-12 11:42 | ACL・A3
スライド
萌え死ぬ。
[PR]
# by cfbs2 | 2005-11-10 16:01
東アジア大会で中国が北朝鮮を1-0で下し、優勝を果たしました。決勝点は後半27分、CKから陳涛のヘディング。

元記事
[PR]
# by cfbs2 | 2005-11-06 23:08 | 中国代表
スーパーリーグの最終節が行われました。大連は閻嵩の終了間際のゴールで北京現代を2-1で振り切り、有終の美を飾りました。上海申花が2位につけ、大連がカップ戦との二冠を達成すれば、ACLに出られるかも。山東魯能は追撃も及ばず3位でした。

特集

そして大連実徳の李明が引退。李明は2004アジアカップの日本戦で1得点。2003年A3で来日したときには「中国ナンバーワンイケメン」として、(一部の)メディアとアジアサッカーファンの間で話題沸騰。日本の温泉も好き。
長い間、大連と代表の右MFとして活躍してきた功労者であす。お疲れ様でした。

特集
[PR]
# by cfbs2 | 2005-11-05 23:41 | 国内リーグ

日本 1-2 中国

東アジア大会・準決勝、日中戦はまず前半42分、ガオ林がFKからヘディングで先制。後半14分、途中出場の赤嶺真吾が同点に。後半ロスタイム、孫祥のFKを杜威がヘッドであわせて決勝点。中国が北朝鮮との決勝戦にコマを進めました。

元記事
[PR]
# by cfbs2 | 2005-11-05 23:35 | 中国代表