中国サッカーの情報を集めています。吉祥虎とは大連実徳のマスコットの名前です。「きっしょうとら」と読みます。たぶん。(管理人:ぞい)


by cfbs2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東アジア受難の日

ACL準決勝の初戦が行われ、守備の要・李[王韋]峰を累積警告で欠いた深セン健力宝は、アル・アインに6-0と惨敗を喫した。深センは開始直後の15分で3点を失っている。
また、もうひとつの準決勝では、アル・イテハドがカロンのゴールなどで釜山を0-5で下した。

元記事

意味がわかりません・・・
こいつらを倒せるのは大連しかないのだろうか。
ハオ様はかくも偉大だったのね。
[PR]
by cfbs2 | 2005-09-29 07:26 | ACL・A3
深セン健力宝vsアル・アリ
李毅の決勝ゴール上手いです。トラップもフィニッシュもストライカーっぽい。

アル・イテハドvs山東魯能
このイテハドホームの雰囲気はすばらしいなー。これはマリノス選手・スタッフ・サポも見るべきだよ。アジアを制覇するには、こんなホーム・アンド・アウェーを3回もクリアしないといけないのだ。先は本当に長い・・・
[PR]
by cfbs2 | 2005-09-22 22:27 | ACL・A3
ACL準々決勝。9月15日にアウェーのアル・アリ戦で2-1と敗れていた深セン健力宝は、21日ホームでの試合に臨みました。深センは李毅と馬里科がゴールを決め、90分を終えた時点で2-1の勝利。トータルで3-3に持ち込み、延長戦に入ります。
そして延長前半9分、李明からのパスを持ち込んだ李毅がゴールを決め、これが決勝点に。トータルスコア4-3で深センがアル・アリを振り切りました。
李毅は中国代表が負けるといつも叩かれる役どころですが、こういう大事な試合でゴールを決めたりしますね。延長戦で体を張ってファウルをもらいまくったという記述があるあたり、ますます鈴木系。

元記事


一方、山東魯能はホームで1-1と引き分けた後、アル・イテハドとのアウェー戦に臨みました。李霄鵬のロングシュートで幸先よく先制した山東ですが、そこから点の取り合いに。後半16分の時点で2-3とリードされます。
アウェーゴール2倍ルールがあるので、引き分けに持ち込めば山東の準決勝進出となりますが、アル・イテハドは昨年のACL決勝でも見せた爆発力を発揮。一気に4点をぶち込み、7-2で勝利。トータル8-3でアル・イテハドが準決勝に進みました。

元記事


残りふたつの枠は釜山と(にっくき)アル・アイン。アル・アインはパスとの第2戦、1-3とリードされながら追いつき、アウェーゴール2倍ルールで準決勝に進んだそうな。
欧州CL見てても思いますが、アウェーゴールを早いとこ日本のナビスコでも導入しろと。カップ戦が何倍も面白くなるのに。
[PR]
by cfbs2 | 2005-09-22 06:29 | ACL・A3
ナカータのHPより、ホンジュラス戦について抜粋。

「4点目。これは敵ながら見事としか言いようがない。まあ、もちろんセンターリングの後のゴール前の競り合いはどうにか防ぎたいところだったが、それ以上に相手の18番の左サイドの走りは完璧だった。久しぶりにああいった痛快な走りを見た気がする。相手ながらに拍手をしたいくらいだった。

さすが世界の中田さん。
自分がマルティネスを初めて見たのは、2002年のカールスバーグカップ・ホンジュラス代表vsスロバキア代表@香港。直後のW杯に出たスロベキアが来たので、ザホビッチが見られるぜ~と思っていたら、マルティネスが4点ぶち込みやがりました。一躍、スタジアムを埋めた香港球迷のアイドルになっていましたよ。
[PR]
by cfbs2 | 2005-09-12 04:47
b0071031_0293598.jpg
明日のキリンカップで日本代表と対戦するホンジュラス代表の中で注目したいのは、やはり上海申花のFWマルティネス。173cmと小柄ながら、スピードと決定力は驚異的です。2003年のACLでは鹿島相手に2得点を挙げております。大岩をブッコ抜いたゴールは見事でした。見た感じもなんとなく愛嬌があって、好き。
[PR]
by cfbs2 | 2005-09-06 23:25 | 国内リーグ