中国サッカーの情報を集めています。吉祥虎とは大連実徳のマスコットの名前です。「きっしょうとら」と読みます。たぶん。(管理人:ぞい)


by cfbs2
カレンダー

<   2004年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

スペインで行われていた世界フリーキック選手権の決勝で、申思(シェンスー、上海国際)が準優勝に輝きました。やっほう。

最終記録
1.Ugur Yildirim (トルコ) 25 points
2.Shen Si (中国) 20
3.Benjamon Zarandona (スペイン) 12
4.Nastja Ceh (スロベニア) 10
5.Zinedine Zidane (フランス) 8
Hamilton Ricard (コロンビア)
6.Orlando Engelaar (オランダ) 6
7.Constantin Galca (ルーマニア) 1

中国語の元記事
申思の美しいFK動画
Free Kickmaster (オフィシャル?)
[PR]
by cfbs2 | 2004-12-31 10:58
スーパーリーグ14クラブの移籍者リストが公開されました。

クラブ  リストの人数  主な選手

大連実徳   7  王鵬、安[王奇]、張耀坤、張亜林
四川冠城   6  趙旭日、孫寿博
重慶力帆  10
深セン     6  鄭智、李偉峰、鄭斌
山東魯能  24
(上海国際  5  江津、祁宏、申思)
遼寧中誉  10  王新欣、張永海、王剛
天津泰達   8  張効瑞、孫建軍
北京現代   4  姚健
上海申花  14  曲聖卿
青島中能  11  楊君、曲波、高明、周挺、姚夏
武漢天龍  10
上海中邦   1

移籍金ランキング(1元は約14円)
鄭智   (深セン)   1600万元
李偉峰  (  〃 )   1200万元
曲波    (青島)    800万元
高明    ( 〃 )     800万元
安[王奇] (大連)    800万元
張亜林   ( 〃 )    700万元
張耀坤   ( 〃 )    700万元
王鵬     ( 〃 )    700万元
周挺     (青島)    500万元
曲聖卿   (申花)    500万元

元記事
移籍特集

感想
1.深セン
スポンサー健力宝の経営難により、給料の未払い問題が起こっていましたが、新スポンサーと監督の留任が決まり、状況が好転するか、注目されていました。
鄭智、李偉峰、鄭斌の3人が移籍するとなれば、マリノスから奥・中澤・ドゥトラが一気に抜けるようなもので、大幅な戦力ダウンになるなぁ。

2.遼寧
山東への移籍が噂されていた中国代表MF・肇俊哲(ちょうしゅんてつ、ジャオ・ジュンジャ)の名前は、リストにはありませんでした。

3.大連
チームの顔としてプレーしてきた選手が多くリストに上っています。どうなるんだ・・・

4.青島
U23組をリストに。曲波は復活できるのか!?

5.上海国際
まだ正式な発表はされていないようですが・・・この前、高い金出して取ったばかりの3人やんかー!
[PR]
by cfbs2 | 2004-12-30 21:01 | 国内リーグ
実は下のようなエントリーを書いていたのですが、ベッカムなどの欠席により、申思も補欠合格で決勝に進むことができました。決勝ではジダンらと技を競います。
元記事

(もともとのエントリー記事)
29日、スペインで行われた世界フリーキック選手権に元中国代表の申思(シェンスー、上海国際)が出場。25mの距離からGKカニサーレス相手に美しいFKを決めたものの、総得点は伸びず、予選突破はならなかった。
予選は20名の選手を5つのグループに分け、各グループの1位が決勝に進める。18、21、25mの距離をそれぞれ左・中・右、合計9本のFKで総得点を争った。

元記事
申思のFKの動画
動画のFK、美しいです。さすが申思。
大久保のことは書いてないんですが、予選通過はしていないようです。(つか、参加してる?)
[PR]
by cfbs2 | 2004-12-30 20:37
「加藤正夫九段が北京時間30日午前11時33分、脳梗塞のため、東京で死去しました。享年57歳。突然の事態のため、葬儀の日時と場所はまだ確定していません。新浪体育は追って詳しく報道します。ご注目ください!」

元記事
日本の新聞記事

中国では囲碁や将棋もスポーツの扱いなので、新浪体育で速報が出ました。つーか、すでに日本の報道より詳しいよ。梅沢由香里とか、向こうですごい人気ですしね。
驚いたのは、記事に対しての書き込み。

「加藤先生に黙祷!」
「あなたは真の人格者でした!」
「加藤先生は中国人民の友人だ!」
「加藤先生の棋譜に感動して、おれは囲碁を始めたんだ!」
「あなたの囲碁が中日の次の世代を育て、中日の囲碁ファンを近づけたのです!」
「加藤先生の対局全集を出版しろ!おれは買う!」

系の書き込みばっか、3時間ですでに200件以上。すげーカリスマだったんだな。
[PR]
by cfbs2 | 2004-12-30 19:31 | その他のスポーツ
02年の甲A最優秀監督でもある深センの朱広滬が、来季も指揮を執ることになりそうです。重慶力帆の監督になるのではというウワサがありましたが、最終的に留任を選択。目下の仕事は鄭智と李偉峰の2人を引き留めることでしょう。オレが残るんだから、オマエらも残れと。
また27日には投資会社の匯中天恒が深セン隊を買収することが正式に決定しています。

朱広滬が留任へ
匯中天恒が新スポンサーに

最悪のシナリオは、健力宝が給料払えない → 監督も主力選手もみんな移籍 → 来シーズンのACLでズタボロ だったと思うんですが、監督の慰留までは成功。
ホームも匯中天恒がある北京に移るという話がありましたが、深センに残るようです。ACLでジュビサポが深センに遠征してみたら、実は北京で試合やってました、なんて事態が避けられそうで良かったです。
[PR]
by cfbs2 | 2004-12-29 10:05 | 国内リーグ
大連実徳はセルビア・モンテネグロのペトロビッチ氏を新監督として迎えることを発表した。契約期間は4年。
ペトロビッチは1955年生まれ。選手としてはレッドスター・ベオグラードのほか、アーセナルやアントワープ、ナンシーなどでもプレー。ユーゴスラビア代表として、1974、1982年のワールドカップに参加している。
引退後はレッドスターの監督やユーゴスラビア代表のコーチなどを務め、今年のアテネ五輪ではセルビア・モンテネグロを率いた。

元記事
ペトロビッチの経歴(中国語)

アテネ五輪ではアルゼンチンに0-6とボコられたりしていますが、なんとなく期待できそうな人。4年契約と長期で考えてるし、実徳はやはり監督選びもしっかりしているという印象です。中国サッカー協会にも見習ってほしい・・・
大連の盛り返しがないと来シーズンが面白くないです。頑張れ。


いまさらながら、アテネ予選で中国代表を指揮した沈祥福が、北京現代の新監督に就任しています。いや、忘れてたわけじゃないんですけどー。元記事

(追記)
7月のキリンカップで来日したA代表のペトコビッチ氏と、今回、大連の監督になったペトロビッチを混同していた部分がありました。ごめんなさいー。
ペトロビッチ氏は、アテネ本大会では主力選手の召集をめぐってクラブとの交渉がうまく行かず、いい成績を残せなかったが、予選を兼ねたU21欧州選手権では準優勝を果たしたとのこと。
そして、この間まで大連監督だったコサノビッチは、いまペトロビッチ氏のあとを引き継いで、U21セルビア・モンテネグロ代表の指揮を執っているそうな。ビックリだ!
YU YU FOOTBALL MANIA 様、いろいろ教えていただいてありがとうございます!
[PR]
by cfbs2 | 2004-12-29 01:26 | 国内リーグ
24日にインドネシアリーグの最終節があり、PSMマカッサルが準優勝(最終順位表)。来年のACLでマリノス、山東、サーサナと同グループになります。

PSMマカッサルは今年のACL予選グループで大連実徳と対戦しています。
4月7日  PSMマカッサル 0-1 大連実徳 (得点者:シリヤク)
4月21日 大連実徳 2-1 PSMマカッサル (得点者:シリヤク、李尭)

実徳は1.5軍くらいのメンバーでした。
実徳が押し込みながらも決定力不足というパターンだったのかもしれないけど、スコア上は接戦ですね。

では、今年の実徳がらみの報道から、PSMの Matoangin Stadium の雰囲気を見てみましょう。
スタンドはけっこう低いようです
警備がカッコイイ
コールリーダーのキレっぷりはグループ最強か?

あなどれませんなぁ。
[PR]
by cfbs2 | 2004-12-28 16:13 | ACL・A3

山東魯能の李霄鵬が挙式

山東魯能の顔、キャプテンの李霄鵬が十年越しの恋愛を実らせ、済南で結婚式を挙げました。李霄鵬は「模範男友」(理想の彼氏ってことですね)として知られています。「ぼくは永遠に彼女の手を引いて歩いていける」なんてセリフを吐かれた日には、「おまいはそんなキャラだったのか」と突っ込みつつ、卒倒しそうですよ。彼は魚料理が得意とのことで、いい旦那さんになりそうです。
代表歴も長い李霄鵬の結婚式には、ハオ海東や張耀坤、肇俊哲などに加え、ドイツから邵佳一まで駆けつけました。

元記事
写真特集
[PR]
by cfbs2 | 2004-12-27 00:01
いや、キャプテン翼の話なんですけどね。今日、発売のヤングジャンプで、翼くん率いる日本代表と世界選抜が対戦するという話がありまして、この世界選抜というのはキャプテン翼のキャラの中から、ネットの読者投票で選ばれたわけです。そこで中国代表の肖俊光(バイエルン・ミュンヘン所属)がアジア人でただひとり、世界選抜スタメンに選ばれました。

個人的に高橋陽一先生の中国代表観っていうのは、トンデモ感をただよわせながらも、けっこうイイ線いってると思うのです。身長2mを超えるFW飛翔(現実だと張彭)、中国人なのに小柄なセンタリングマシーン王忠明(同じく呉坪楓)とか出てくるし、全国からサッカー少年集めて選抜試験やるような話もイメージ湧く。肖俊光がドイツでプレーするっていうのも、楊晨がフランクフルトでやってることを知ってたのか?(バイエルンは破格だけど)

肖俊光のカウンターショット“反動蹴速迅砲”については、中国の友人に「この技の意味わかる?」と聞いたところ、「全然わからないね。中国語じゃないでしょ」と一蹴されたのですが、その後「無理やりに解釈すると、不利な場合に追い込まれた状況において突然反撃する、かなぁ」とのメールをもらい、おぉけっこうイメージあってるじゃんと嬉しくなった次第。

おまけ。ネットで見つけた中国のキャプテン翼オタクが書いた文章から翻訳。

「中国の肖俊光については何とも言い難いけど、高橋大師の画風からすれば、ハンサムな部類に入るよね。しかも彼は公式戦で初めてペナルティエリアの外から若林のゴールを奪ったんだ!中国人万歳!でも中国代表が紅衛兵の服を着ているのは、高橋大師もあまりに中国のことをわかっていないんじゃないか?」

だそうです。
[PR]
by cfbs2 | 2004-12-22 22:01
例によって体壇週報の記者さんによる、ハオへのインタビュー。長編です。

(以下、本文)
体壇:海外でプレーする希望はずっとあったのでしょうか?
ハオ:もちろんさ。スポーツ選手はその生涯の中で、すべてのことを味わいたいと思っているものだ。海外でプレーする考えは昔からあったし、2回はそれが実現しそうなところまでいったんだ。しかし、いろいろな理由で達成できなかった。今回は古くからの願望が実現したと言っていいだろうね。現役生活も終わろうとしているときに、まだこういう機会があるというのは、正直嬉しいよ。

体壇:あなたはもう34歳ですが、なぜ海外に行こうと考えたのでしょう?
ハオ:今年起こったいろいろなことがオレを突き動かしたんだ。特に代表の敗退には、失望感を味わった。だから友人の勧めもあって、海外に行こうという希望を持ったんだ。ちょうどシェフィールドもそういう考えを持ってくれていた。彼らとオレとの連絡は途絶えることがなかった。現役生活の最後に海外でサッカーができる、海外で引退ができる、さらにイングランドのコーチライセンスを取れるというのは、自分のようなサッカー選手にとって、やはり理想的なことだと思うよ。

体壇:やはり選手としてだけでなく、コーチとしても成長したいのでしょうか?
ハオ:もちろんだね。2年間はシェフィールドで選手としてプレーできるだろう。しかし、サッカーをやりながら勉強もしたい。もともとコーチの勉強をしたいと思っていたんだ。国内でも学ぶことはできるが、やはり海外とは違うね。

体壇:チャンピオンシップで何年プレーできると思いますか?
ハオ:プレーはもうそんなに重要なことではない。いまもっとも大事なのは経験であり、学習だ。だからシェフィールドとの契約には感謝している。来年は35歳になる。38歳までプレーするなんてことはないな。イギリスに行ったら、中国にいるときのように全試合に出るということはできないだろう。1,2年は問題ない。オレは自分の身体の状態を知っている。自分に無理を強いることはない。国内では試合のために無理をしたこともある。足が折れ、腕が折れても試合に出たことがある。イギリスでは、普通のプロサッカー選手になれるんだ。

体壇:シェフィールドとの契約は完全移籍ですか?何年契約なのでしょう?
ハオ:レンタルではなく、完全移籍だ。正式な契約文書は数日後に来るから、まだはっきりしないが、4年契約になると思う。

体壇:実徳は来年からあなたに監督になってほしかったと聞いていますが、そこで海外に行くのは遺憾ではありませんか?
ハオ:徐明オーナーとクラブからの信頼には感激しているよ。オレと彼らは長い間、お互いを理解しあってきた。しかし、いま大連チームを引き受けるには、まだ機が熟していないと思う。徐明とは話し合ったけれど、彼はオレのイギリス行きを強く支持してくれると言った。オレが向こうでいろいろと学んで帰ってきたときには、実徳が優先選択権を持っているともね。もちろんオレも帰国するときには、まず実徳を選ぶと言ったさ。
オレの仕事に対する取り組みは、まったく問題ない。2000年、オレとクラブは契約を結んだが、その契約に見合った働きをしてきた。イギリスから帰ってくるときも将来の契約に見合った働きをしたいんだ。

体壇:実徳が孫継海や董方卓を移籍させるときの移籍金はとても高額でした。今回、移籍金の問題については、心配しませんでしたか?
ハオ:まったく心配しなかった。オレと徐明オーナーとは、理解し合えているからね。

体壇:あなたとシェフィールドとの関係はずいぶん長いのでは?
ハオ:そうだね。99年にはもういい関係が築けていたな。あのときは代理人の許宏涛の紹介だった。そのとき、すでにシェフィールドとは合意していたんだ。シェフィールドの監督もアジアまで来て、オレの試合を見てくれた。ここ4,5年、ほとんど毎年シェフィールドに行っていたよ。去年のSARSのときにも行って、シェフィールドがホームでノッティンガム・フォレストに4-3で勝った試合を見たんだ。シェフィールドはずっとチャンピオンシップで6,7位の成績だね。

体壇:中国サッカーに未練はないのですか?
ハオ:未練がないなんて、ありえるかい?今年、こんなにいろいろなことが起こらなければ、移籍しようとは思わなかったよ。もし来年の最終予選があれば、こういう選択は取らなかった。でもいまはそれもなくなってしまった。
オレは10歳のときに八一隊に入った。八一隊から出ることになるとは思わなかったが、後には八一隊もなくなってしまった。
今回のことは得がたい機会だし、これからの人生の大きな助けになるだろう。こういう経験ができるのだから、人生に何の悔いもないといっても、大げさじゃないんだ。オレは中国で最高のクラブで、こんなにたくさんのタイトルを獲った。代表で何年もプレーし、ゴールも多く挙げた。そしていま、イギリスに行ってプレーできるんだ。サッカー選手として享受できるすべてのものを得たと思うよ。

体壇:いまもっとも感慨を覚えるものは何ですか?
ハオ:これほどに幸運であること。そして自分の人生の一歩一歩に、いつも友人の助けがあったことだ。彼らには、とても感謝しているよ。

体壇:シェフィールドにはすぐに適応できますか?
ハオ:オレはベテランだよ。どこにいっても慌てないさ。慌てても何の役にも立たない。どこに行っても、真面目にやるべきことをやるだけさ。

体壇:イングランドのサッカーにはどのような印象を持っていますか?
ハオ:ひとつの巨大な産業だね。イングランドのサッカーが素晴らしいのは、一種の雰囲気なんだ。どこに行ってもサッカーをする人がいる。子供から老人までだ。少年がサッカーをやりたいと望めば、サッカースクールもそれを受け入れる。公園でサッカーをする連中がいれば、周りの人は手をたたいて応援する。イングランドはマラドーナを生みはしなかった。プレミアリーグができてから、イングランドのサッカー界における人気は高まった。しかし、プレミアができてから、イングランド代表が世界のベスト4に進んだことがあるかい?でも、誰もイングランドのサッカーが良くないなんて否定しない。それが彼らのサッカーであり、それは環境が決定するんだ。アジア人がそこで適応できないのは、技術や戦術に対応できないんじゃなく、環境に対応できないんだ。中国人はサッカーのプレーに問題はない。問題は環境なんだ。なぜ中国の卓球は優れているのか?中国にはどこにでも卓球台があるからさ。イギリスでテレビをつければ、いつもサッカーをやっている。あそこはサッカーの国なんだ。

体壇:シェフィールドでレギュラーを取れるかどうか、心配していますか?
ハオ:心配したことはないね。34歳でディビジョン1に移籍できたことが何よりの証明だ。クラブがオレを欲しがったということが何を説明しているか、わかるかい?ただのロートルだったら、こんなにいい条件の契約を結ぶのは、ばかげているだろう。

体壇:あなたの身体がイングランドの激しい当たりに耐えられないのではないかと、心配する人も多いです。
ハオ:さっき97年の雑誌を見たんだ。あのとき、中国代表のFWには力がないと言われた。しかし振り返ってみれば、あのときの代表選手がいちばん優れていたんじゃないのか?97年の最終予選で、オレはアウェーで3点も取った。2000年には、ハオはもう衰えたと言われた。けれど、オレはワールドカップにまで出たんだ。今年のアジアカップの前も、メディアは疑っていた。でも結果は準優勝だ。彼らの疑いがどこから来るのか、理解できないよ。

体壇:イングランド行きに自信はありますか?
ハオ:どこに行っても特別変わらないよ。シェフィールドではロングパスが多いかもしれないが、それにも慣れるだろう。大連にいたときは、ずっとポゼッションサッカーをやってきた。それは日韓のクラブと戦うときも同様だ。だが、シェフィールドではそれは望めないから、ロングボールが多くなるだろう。

体壇:あなたは大連で8年間プレーしてきました。どのような方法で大連に別れを告げますか?
ハオ:(目をわずかに潤ませながら)大連での数年間は、オレのサッカー人生の中でももっとも輝いていた。大連がこれまで自分にしてくれたことに感謝したい。このクラブから離れるのは名残惜しい。オレと首脳陣、チームメイトはお互いに深く理解し合っていた。お別れについては、何も言わないよ。そう遠くない将来、自分はまた戻ってくる。また大連に帰ってくるんだと信じている。

元記事

(追記)
乾物さんの英語からの翻訳記事。これ、おもしろーい。
[PR]
by cfbs2 | 2004-12-22 03:09 | 海外組・海外移籍