中国サッカーの情報を集めています。吉祥虎とは大連実徳のマスコットの名前です。「きっしょうとら」と読みます。たぶん。(管理人:ぞい)


by cfbs2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ACL・A3( 47 )

日本時間20時30分にキックオフされました。
・・・もう3点取られてる。マカッサル・・・・

前半3分、鄭智が先制。

前半7分、鄭智が2点目。

前半33分、韓鵬が突き放す。


前半35分、宋黎輝がゴール。4-0です。

前半は4-0で終了。

後半、鄭智がPKでハットトリックを完成。5-0。あほ!ばか!うんこ!

後半27分、マカッサルのモレノが1点返した!いけいけ、マカッサル!

後半43分、周海濱がゴール。6-1。

韓鵬がイエローカードを食らい、そのときに審判に文句を言って2枚目で退場。

試合終了。6-1。

この試合は2トップの李金羽とダンチウレスクが怪我と累積警告で欠場しました。第3FWの韓鵬が退場したので、マリノス戦には出られません。
[PR]
by cfbs2 | 2005-04-20 21:13 | ACL・A3
前半を終了して0-0。なんかスコール来てるっぽいっすよー。

後半7分、李霄鵬からのボールを李金羽がゴール・・・かと思いきや、オフサイドー!ふぅ。

後半21分、李霄鵬のCKを李金羽が合わせるも、ポストをかすめる。

後半27分、周海濱に代わって、宋黎輝が出場。うー、ヤダな。

後半38分、山東が先制!鄭智のCKを交代出場のFW韓鵬がヘッドで合わせました!ぬがー!

後半43分、また大雨になってきた。

後半ロスタイムは2分。アスタマン、頑張れよー。

試合終了。1-0で山東が3連勝。

これで得失点差も考えなきゃいけなくなってきたなぁ。しかし、去年のACLとW杯予選であれだけもめたんだから、ワンツーフィニッシュが予想されるチームの対戦は最終節に持ってこい、とAFCに説教したいです。
[PR]
by cfbs2 | 2005-04-06 21:33 | ACL・A3
李毅が2ゴール。Djima、王新欣、張永海が1ゴールずつと役者が揃った感じですね。

元記事
[PR]
by cfbs2 | 2005-04-06 21:30 | ACL・A3

水原と深センは引き分け

0-0の引き分けでした。深センはFW楊晨が後半に退場しましたが、守りきっています。

元記事
[PR]
by cfbs2 | 2005-03-16 21:17 | ACL・A3
前半30分に大羽(李金羽のニックネーム)が、相手GKとDFの連携ミスを逃さずゴールを挙げ、1-0で山東が勝利しました。山東は前半18分、ダンチウレスクが自ら得たPKをとめられてしまいます。また大羽や宋黎輝もいくつかシュートチャンスを得ましたが、得点にはいたらず。ゲームを支配しながら、最少得点での勝利にとどまりました。この試合では出場停止の鄭智に代わり、キャプテンの李霄鵬が怪我から復帰しています。

    29 李金羽     28 ダンチウレスク

7 宋黎輝  16 高尭  8 李霄鵬  20 崔鵬
    
14 苑維偉  5 舒畅  9 パジン  25 矯哲

             1 宗磊

元記事
写真特集

気になったこと。
サーサナの状態はやっぱり悪いのだろうか。グループの“最弱球隊”とか書かれてる。
中国スーパーリーグは観客動員数の低迷が続いていますが、この試合はずいぶん観客が入ったらしく、3万人入ったという記事もあります。第一戦でマリノスに勝ったことで火が点いたらしい。中国語では“炒”なんて言いますけどね。この試合もアウェイでGKの安[王奇]が退場させられたり、SARSで中断期間があったりして、“炒”された部分がありました。(翌年のアル・イテハド戦はガラガラでした。同じACLなのに。)
マリノス戦は今日の試合よりも多くの観客が入るでしょう。厳しい戦いになりそうだ。

しかし、水曜の午後2時半キックオフのゲームで3万人かぁ。おまえら、仕事はどうした・・・
[PR]
by cfbs2 | 2005-03-16 18:00 | ACL・A3
悔しいけど、あきらめないよ。力が劣ってるわけじゃないんだし、逆境での粘り強さはマリノスの方が絶対に強いものを持っている。このグループはサーサナがいるから、星勘定はまだまだわからない。山東とのアウェー戦も大事だけど、それまでに取りこぼさないことも大事。
[PR]
by cfbs2 | 2005-03-09 22:03 | ACL・A3

さあ、アジアの頂点へ

b0071031_2273290.jpg
一昨年にアジアチャンピオンズリーグの準決勝・大連実徳vsアル・アインを観に行ったときに撮った写真。アウェイゴール2倍ルールがからんだ逆転に次ぐ逆転で、ジェットコースターに乗っているようなという表現がピッタリの試合でした。この夢の舞台へマリノスとともに行きたいのだ。そしてアル・サッド(カタール)を率いてボラ・ミルチノビッチが日産スタジアムにやってくる・・・たまらん。

しかし、今日は三ツ沢いけません(泣) 念、送るぞー。
とにかくダンチウレスクと鄭智に注意。あとセットプレーでは舒畅が上がってくるよ。それと立ち上がりと終了間際の時間帯は、中国チームの弱いところなので、そこを突くのだ。
[PR]
by cfbs2 | 2005-03-09 02:28 | ACL・A3
中国メディアによるマリノスの紹介記事。選手名の表記など原文のまま訳してます。マリサポならプッと突っ込んじゃうところもたくさんありますが、それでもこの詳しさはエライと思う。

(以下、本文)
岡田武史がマリノスにやってきて以来、ずっと3-5-2のフォーメーションを採り続けている。これは図らずも日本代表と同じである。マリノスは組織的な攻め、細かいパスワークを得意とするが、これも日本代表の典型的特徴である。

松本達也はレギュラーGKである。190cmの長身で、身体能力に優れる。ペナルティエリア内の守備範囲も相当に広い。

松田直樹と中澤佑二が形成するDFラインは日本代表級だが、松田直樹は怪我のために第一戦には出場できないだろう。中澤佑二は3バックの真ん中を務める。身長は187cmに達し、制空能力が非常に高い。右ストッパーは那須大亮、左ストッパーは中西永輔である。マリノスは去年のJリーグで最小失点だったチームであり、松田直樹の欠場も大きなダメージにはならないだろう。

中盤は多士済々である。小将・奥大介のサイドアタックの能力は優れており、攻守ともに一流である。彼が右サイドのレギュラーだ。左サイドはブラジル人のドゥトラで、深セン健力宝との試合でも個人能力でサイドを突破し、深センのDFは受身にならざるを得なかった。
上野良治は攻撃的MFで、ゲームメイク・突破力ともに優れている。大橋正博は上野の第一パートナーだ。この2人はコンビネーションが良い。165cmの大橋正博はチームでいちばん小柄だが、テクニックは出色である。田中隼磨はボランチで、球際に強い。マリノスの中盤にはほかにも栗原勇蔵、遠藤彰弘、河合亀二など優秀な選手が控えている。

FWは代表レギュラーの久保が故障から復帰した。これは山東にとって良い知らせではない。一昨年の東アジア選手権で、久保の2ゴールにより中国代表は敗れたのだ。久保は顔つきがやや凶暴で、テクニックに優れ、非常に攻撃力がある。安貞桓は怪我のため、参戦できないだろう。
新加入の大島秀夫は去年のJ2得点王である。深セン戦ではレギュラーだったが、東京日視とのスーパーカップで負傷し、山東戦には出場しないと見られる。こうなると坂田大輔か清水範久が出てくるかもしれない。FWの控えには契約したばかりのブラジル人・アデマール、深セン健力宝戦でアシストを決めた山崎雅人もいる。

元記事

カズと武田を間違えながら、一方で大橋や山崎までカバーする。これが中国メディアのクオリティなのだ。
[PR]
by cfbs2 | 2005-03-08 19:52 | ACL・A3

山東魯能チーム紹介

ACLでマリノスと対戦する山東魯能。昨シーズンはリーグ戦を深センに次ぐ2位で終え、FAカップとスーパーリーグカップの2冠を達成。今オフに大型補強を敢行し、さらにはキプロス合宿でヨーロッパクラブとの練習試合にいそしむなど、気合の入った準備で新シーズンに臨みます。ということで、不安要素を抱えまくっていた深センよりも強いはず。中国A代表経験者も、なんだかんだで10人。

チーム名
日本語読みは「さんとうろのう」。中国語読みは「シャンドン・ルーノン」。より正式なのは「山東魯能泰山」なので(「泰山」は「たいざん」or「タイシャン」)、「秦の始皇帝」の「秦」と書いているとこがあるのは間違いだと思われます。

ホームタウン
山東省の省都(≒県庁所在地)・済南。市内には多くの泉が湧き出していて、“泉城”とも呼ばれます。

スタジアム
山東省体育中心。アジアカップ準決勝・日本vsバーレーン戦が行われたスタジアム。収容人数は5万人。

クラブ概況
山東魯能は1999年にリーグ優勝を果たしていますが、翌年のアジアクラブ選手権ではジュビロ、水原に共に6失点とボコられてます。奥もこのとき点を取ってますね。彼の経験値はホント頼もしい。
最近の山東は、いつも優勝争いに顔を出すものの、終わってみれば4~5位という印象が強いんですが、昨シーズンは名将トゥムバコヴィッチの就任もあり、久しぶりの好成績。監督といえば、元広島のヴァレリー・ニポムニシもこのクラブで指揮を執っております。
またユース育成には定評があり、周海濱や劉金東などU20にしてA代表に選ばれる選手も輩出しています。

通信販売
かなり充実。オフィシャルHPからいろいろ買えます。二冠王記念・郵便セット370元。チーム主題歌CD10元。カセットテープ3元。サインボール198元。キーホルダー3.5元。マフラー20元。レプリカユニ82元などなど。
(1元は約14円)

オフィシャルショップ
魯能泰山産品専売中心。住所は済南市 南外環路 東段。上記のような品物が買えるはず。 お土産にどうぞー。


監督
Ljubisa Tumbakovic (リュビシャ・トゥムバコヴィッチ)
1952年9月2日
1992~1999、2000~2002にパルチザン・ベオグラードの監督を務め、リーグ6年連続優勝を含む好成績を収める。ユーゴスラビア最優秀監督に6年連続で選ばれた、同国を代表する名将。昨シーズンより山東の指揮を執る。


予想スタメン

     29 李金羽     ダンチウレスク

7 宋黎輝  16 高尭  10 鄭智  18 周海濱
    
3 王超    5 舒畅    パジン   25 矯哲

             楊程


選手紹介
ダンチウレスク・・・ルーマニア代表FW。ディナモ・ブカレストでは2003-04シーズンにルーマニア国内リーグの得点王に輝いています。また、去年の4月にルーマニアがドイツを5-1とボコボコにした試合でも2点取っていますし、UEFAチャンピオンズリーグ(←本家にUEFAをつけて区別する管理人)のマンU戦でも点を取っているワールドクラスのストライカーです。

10.鄭智・・・2002年甲AリーグMVP。04年アジアカップ・ベストイレブン。昨年、深センを優勝に導いた鄭智が山東にやってまいりました。本職は攻撃的MFですが、代表ではセンターバックとしてプレー。いま中国でもっとも注目されているプレーヤーです。今オフはヘルタ・ベルリンへの移籍は実現しませんでしたが、今後も欧州移籍の話は続くことでしょう。

8.李霄鵬・・・中盤ならどこでもこなせるユーティリティプレーヤーで、チームの顔。2002年W杯への出場にも大きく貢献し、04年アジアカップにも出場した。去年の年末に挙式した新婚さんで、奥さんには魚料理をごちそうしてあげるらしい。結婚式の写真。(故障が長引き、9日は欠場予定)

パジン・・・現役ブルガリア代表で、ユーロ2004にも出場したセンターバック。2002シーズンでは北京国安の好成績に大きく貢献し、ベストイレブンに選ばれた。高さ、強さだけでなく、カバーリング範囲の広さも特徴。

29.李金羽・・・中国代表FW。フランスリーグのナンシーに移籍したこともあるが、試合出場はなし。小柄だが、シュートセンスがある。ゴールの後に変なパフォーマンスをするのが好きで、最近は両手の人差し指を立て、マシンガンをぶっ放すポーズがお気に入り。別にケンカ売ってるわけじゃなくて、そういうキャラなんです、ハイ。

5.舒畅・・・センターバックを務める守備のリーダー。直接FKを蹴ったり、コーナーキックで攻め上がったりと攻撃面でも貢献。昨年の2冠はともに彼が決勝点。

16.高尭・・・ボランチとセンターバックをこなす。2002W杯の中国代表メンバーだが、たぶん忘れている人は多い・・・。

7.宋黎輝・・・・攻撃センスのあるMF。ミルチノビッチ時代に攻撃のオプションとして期待されたが、W杯出場はならず。

18.周海濱・・・U20代表の中核となるMF。攻撃的なポジションもこなせるが、本人いわくボランチが好みだそうで、稲本が好きだったりする。U20ながらハーン監督に認められ、東アジア選手権、アジアカップにも出場している。

2.劉金東・・・周海濱と同じく、U20代表にしてA代表。一昨年の甲Aリーグ新人王でもある。サイドも含めて、中盤・DFなら複数のポジションをこなせる。03年の東アジア選手権では香港相手に強烈なミドルシュートを決めた。あの試合は中国がおせおせで、流さなければ5点差くらいついてたっぽい。香港のゴールもセンタリングがそのまま入っちゃった事故だし。

11.高明・・・新加入の攻撃的MF。小柄だがパス・ドリブルともにセンス溢れるプレーを披露。U23代表で、ワールドユースでは欧州のスカウトからチヤホヤされてたりする。


そして選手以上に侮れないのが、70歳にしてダンマク掲げまくりのサポ
[PR]
by cfbs2 | 2005-03-05 01:50 | ACL・A3
菱形攻撃群というのは、FWのダンチウレスク、李金羽、MFの鄭智、李霄鵬の前線4人のこと。彼らを中心に攻めるぞってことらしいです。ダンチウレスク以外の3人は中国代表でもレギュラークラスであります。

監督のトゥムバコヴィッチ氏はA3を観て、「彼らは強いチームだ。プレスもよく効いている。このようなチームと戦うには、自分たちの力を出し切らないといけない」だそうです。あと、山東のコーチが5日の磐田戦を視察に来るらしい。なんだとぉー。

それとセットプレーも頑張って練習しているという話。
MFの8番・李霄鵬や10番・鄭智、センターバックの5番・舒畅のFKも要注意ですよ。

元記事
[PR]
by cfbs2 | 2005-03-04 16:32 | ACL・A3