中国サッカーの情報を集めています。吉祥虎とは大連実徳のマスコットの名前です。「きっしょうとら」と読みます。たぶん。(管理人:ぞい)


by cfbs2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:ACL・A3( 47 )

ACLの第2戦、大連が全北現代をホームに迎え討ち、1-0で勝利。2連勝で首位に立ちました。
試合は前半40分、大連ボランチの翟彦鵬が大きく前線右サイドに展開。FW鄒捷が全北DFのマークに遭いながらも、バウンドしたボールをボレーシュート!美しい孤を描いたボールはゴールに吸い込まれました。
後半13分、大連のパンテリッチがペナルティエリアに侵入し、鄒捷にパス。鄒捷のトラップはやや乱れ、シュートはポストを叩きました。
その1分後、右サイドのCKをヤンコビッチがファーサイドに送り、CBの季銘義がヘディングであわせたものの、これもバーに弾かれています。
実徳は追加点を奪えなかったものの、全北の攻撃を押さえきり、1-0で試合終了。ホームでしっかりと勝ち点3を取りました。

大連メンバー
FW 鄒捷、パンテリッチ(78分・権磊)
MF ヤンコビッチ、趙旭日(82分・劉成)、胡兆軍、翟彦鵬
DF 王聖、季銘義、張耀坤、劉宇
GK 陳東

鄒捷がハオ様の後継者らしい勝負強さを見せてきました。
そして季銘義と張耀坤のセンターバックコンビはやはりいい。

元記事
[PR]
by cfbs2 | 2006-03-23 02:15 | ACL・A3
UO.FootballAsiaの記事に関して。

一昨年のACL、大連実徳vsアル・イテハドのホームゲーム(結果は1-1)で、試合会場となった人民体育場は、数日前になんかのイベントが行われ、芝が踏み荒らされた状態になっておりました。大連の某選手は、「グラウンドがボコボコでイヤんなっちゃうよね。これじゃあ、きれいなサッカーができないよ」と言っていた。被害を受けているのは、ホームチームも同じだったりしますよ。
[PR]
by cfbs2 | 2006-02-08 04:15 | ACL・A3
来年のA3の出場チームが決定しました。
中国は大連実徳が3年ぶりの出場。韓国からは蔚山現代。日本はJ王者のガンバ大阪と、カップウィナーのジェフ千葉。

日韓中3カ国のリーグの秘書長(佐々木一樹、金元東、郎効農)が出席した会議で話し合われたのは、A3の参加チームと時期、会場。

ホスト国の日本からはナビスコ王者のジェフの参加が決定。
時期については、シーズン開幕前の状態で試合の質が保証されないことに加え、ACL(どっちかというと、代表スケジュールの方が問題なんでしょうが)との衝突を避けるために、従来の2月から8月2~8日に変更。
会場は3年前と同じ国立競技場になります。

大連とガンバはACLで同組のため、8月の試合は因縁の対決になるだろうとのこと。

そして、ジェフに対しても言及が。
「千葉市原はリーグでは4位だったが、彼らは他の3チームと同じく勝ち点59を積み上げ、首位の大阪鋼巴とはわずか1の差だったのだ。納比斯科(ナビスクァ)杯の王者である千葉市原はディフェンスが素晴らしく、先日発表された2005Jリーグベストイレブンにも守備の中心・斯托雅諾夫(ストォヤヌォフ)が選ばれた。同時にベストイレブンに選ばれた選手には、元・五輪代表の中盤の主力・阿勇樹がいる。」

ふふふ。こんなのは序の口ですぞ、ジェフサポの皆さん。
まぁ、今回は実徳以外は初出場ということで、格の違いというやつを見せつけなければいけませんな。(とか言ってフレッシュなジェフに優勝持ってかれそうな予感。)

元記事
[PR]
by cfbs2 | 2005-12-23 07:52 | ACL・A3
b0071031_16183218.jpg
アジアチャンピオンズリーグ準決勝
大連実徳 vs アル・アイン @大連・人民体育場
2003年8月30日  photo by ぞい


ガンバサポはどのくらいアウェー行くんですかね?
大連へのアクセスは、わりとラクですよ。関空から全日空やCAで直行便あるし、スタジアムも例年使う人民体育場は市内のど真ん中にあって、空港からタクシーで30分かかりません。(しかもタクの運ちゃんはサカオタぞろいで、おそらく宮本(ゴンベン)、大黒(ダーヘイ)くらいの名前は知っている)
魚うまいし、雰囲気いい街です。

実徳のチーム紹介とかは、おいおいやろうかなと思います。


さて。早速、中国でもJの速報記事が出ていました。
かなり詳しい記事なので、部分訳します。
(それでもとても詳しい。ぶっちゃけJチームは
中国メディアの前では丸裸ですからね)

(以下、抄訳)
北京時間12月3日午後1時、Jリーグ最終節の試合が始まった。すでに、Jリーグ王者はACLで大連実徳と対戦することが決まっているため、中国球迷も非常に注目するところとなった。大阪桜花、大阪飛脚(音訳では大阪鋼巴)、浦和紅宝石、鹿島鹿角、千葉市原の5チームが勝ち点58、57、56、56、56を積み上げ、どのチームにも優勝の可能性があった。

大阪桜花は10位の東京FCに勝てば優勝という状況だったが、89分に今野泰幸にゴールを許し、同点に持ち込まれた。1998年W杯(これは出てないぞ)、2000年アジアカップ、2002年W杯などの国際大会に参加した西沢明訓は、本来チームの英雄となるはずだったが、DFの単純なミスが「勝利の果実」を葬り去ったのである。

対抗馬の大阪飛脚はアウェーで、侮れない川崎前峰を4-2で下し、最後に頂点に立ち、大連実徳の対戦相手となった。この試合はゴールの応酬で、高いテンションを保ち続けた。
12分に索雷斯(ソーレス?アラウージョってこんな名前なのか?)が先制。79分には遠藤保仁のPKで勝ち越した。84分には達馬西奥(ダマシオ?フェルナンジーニョのことらしい)が退場になったが、チームの勢いは削がれなかった。

「桜の花」は最後の1分間の差で散ったのである。

大阪飛脚の優勝は、大連実徳にとっていい知らせではない。シーズン全体を見れば、彼らの実力は大阪桜花を上回っている。34試合で82ゴールはJリーグ最高の得点力だ。大阪桜花は48ゴールだったが、堅いディフェンスで上位に進出したのだ。

元記事
[PR]
by cfbs2 | 2005-12-03 17:43 | ACL・A3
ACLのアル・イテハド戦での審判への侮辱などで、山東魯能の鄭智、パジン、トゥンバコビッチ監督がそれぞれ6ヶ月、18ヶ月、6ヶ月の出場停止処分を受けていた件(詳しくはこちら)の続報です。山東魯能は鄭智の減刑を目指してAFCに提訴。この訴えがどうやら認められそうです。
関係者の話によると、鄭智の出場停止はACLの試合に限るとされ、山東魯能はすでに来季のACLには出場しないことが決まっているため、実質的に出場停止の解除となります。

元記事(12/2)

鄭智については、正直どーでもいい。
問題はパジンとトゥンバコビッチ。この2人への処分がどうなるのか、いまの段階ではわからない。球迷の書き込みにあったけど、外国人助っ人を切り捨てるような真似はするべきじゃないだろ。
AFCもどーなんだ?18ヶ月のあらゆるレベルの出場停止なんて、事実上の引退宣告じゃんか。それと並んだ処罰をこんなにあっさりとくつがえしていいのかと。

セルジオ越後が聞いたら、絶対に怒ってます。


続報
12月5日、AFCの正式な処罰が発表されました。AFC主催の試合について、鄭智は3試合、トゥンバコビッチは6試合、パジンは12試合の出場停止。有効期間は2年間。

また山東魯能はクラブ内での処分も発表。鄭智に7万元(日本円で約100万円)、トゥンバコビッチに1万ドル、パジンに1万5千ドルの罰金が課されました。

元記事
元記事

素直に一件落着とは言いがたいですが。
パジンは山東魯能と契約を延長する可能性があります。ただいったん18ヶ月の出場停止なんて受けたら、精神・肉体面でショックが大きいんじゃないか。立ち直って、これまで通りのプレーを見せてほしいものです。
山東はACLには出ませんが、鄭智の出場停止はアジアカップ予選に影響するっぽいです。組み分けによっては、けっこうなダメージになる予感。
[PR]
by cfbs2 | 2005-12-02 23:34 | ACL・A3
来年のACL予選グループ組分けが決定しました。
とりあえず東地区の分をば。

グループE
韓国FAカップ王者
大連実徳
Jリーグチャンピオン
Da Nang(ベトナム)

グループF
Kリーグ王者
Arema Malang(インドネシア)
Tobacco Monopoly(タイ)
東京ヴェルディ1969

グループG
Persipura Jayapura(インドネシア)
上海申花
Prov.Electrical Authority(タイ)
Dong Tam Long An(ベトナム)

元記事

実徳の来日が決定!!やっほう!!!
確かに死のグループだけど、このくらいの方が張り合いありますな。
そして。マリノスが優勝していれば、念願の港湾ダービー実現だったのに・・・

申花は東南アジアグループ。
まぁ、これまで2回も死のグループ戦ってるから、たまにはいいかもね。

あとタイの両チーム。
中国語だと「煙草公司」「省電力局」と書かれるので、萌えです。
[PR]
by cfbs2 | 2005-12-01 23:06 | ACL・A3
ACLの準々決勝・第2戦、アル・イテハドvs山東魯能の試合で、審判への抗議などで退場になった3人への処分をACLが発表。

鄭智は審判への侮辱とつば吐きにより、代表・クラブ、国内・国外のあらゆる試合に関して、6ヶ月の出場停止と罰金4500ドル。

パジンは同じく18ヶ月の出場停止と4500ドル。

トゥンバコビッチ監督はアシスタントレフェリーへの暴力(手で突いたとか、そういうことかな)により、6ヶ月の監督席での指揮停止。罰金4500ドル。

元記事(中国語)
元記事(footballasia)
その試合のダイジェストムービー(最後の方にちらっと抗議の場面)

いい加減、才能をムダ使いするな。
しかし、パジンの18ヶ月って異常だな。
[PR]
by cfbs2 | 2005-11-12 11:42 | ACL・A3
ACL準決勝の第2試合が行われ、深セン健力宝はアル・イテハドに0-0で引き分けました。アウェーで6-0で敗れていたため、深センの敗退が決定。アル・イテハドが決勝に進みました。

元記事

メディアの報道もドイツ戦にばかり集中していて、ACLのあまりのスルーぶりに苦笑いです。中国のこの辺のあきらめの早さは、けっこうすごい。
6点差をひっくり返すのは、そりゃあ客観的に見れば可能性は低いけど、当事者がそれでいいのかと。深センの守備の要、李[王韋]峰と李雷雷はあっさりと代表に招集されましたし。今朝の記事の見出しには「深セン、今夜ACL最後の一戦」「深センは尊厳のために戦う」なんて出る始末。
最初からあきらめてるヤツに尊厳なんてあるか、バカタレ!・・・と思うわけですが、でもこういうのって日本的なのかなぁ。
[PR]
by cfbs2 | 2005-10-12 23:13 | ACL・A3

東アジア受難の日

ACL準決勝の初戦が行われ、守備の要・李[王韋]峰を累積警告で欠いた深セン健力宝は、アル・アインに6-0と惨敗を喫した。深センは開始直後の15分で3点を失っている。
また、もうひとつの準決勝では、アル・イテハドがカロンのゴールなどで釜山を0-5で下した。

元記事

意味がわかりません・・・
こいつらを倒せるのは大連しかないのだろうか。
ハオ様はかくも偉大だったのね。
[PR]
by cfbs2 | 2005-09-29 07:26 | ACL・A3
深セン健力宝vsアル・アリ
李毅の決勝ゴール上手いです。トラップもフィニッシュもストライカーっぽい。

アル・イテハドvs山東魯能
このイテハドホームの雰囲気はすばらしいなー。これはマリノス選手・スタッフ・サポも見るべきだよ。アジアを制覇するには、こんなホーム・アンド・アウェーを3回もクリアしないといけないのだ。先は本当に長い・・・
[PR]
by cfbs2 | 2005-09-22 22:27 | ACL・A3