中国サッカーの情報を集めています。吉祥虎とは大連実徳のマスコットの名前です。「きっしょうとら」と読みます。たぶん。(管理人:ぞい)


by cfbs2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:未分類( 30 )

b0071031_10372644.jpg
大連の中国代表コンビ。ユースからの親友同士です。後ろの壁もなんとなくおめでたい感じなので。

(左)
張耀坤(ちょうようこん、チャン・ヤオクン)
1981年4月7日 182cm 80kg
センターバック。2005東アジア選手権のベストDF。
昨年は四川冠城にレンタル。

(右)
閻嵩(えんすう、イェン・ソン)
1981年3月20日 181cm 78kg
アジアカップの左サイドのドリブラー(22番)といえば覚えている人も多いのでは。加地さんを抜いて李明のゴールをアシストした選手。
[PR]
by cfbs2 | 2006-01-07 10:36
すでに戦力分析まで、されてますがな。
すばらしい調査をしていますが、突っ込みどころもチラホラ。
間違い探しのつもりで読んでいっても楽しいです。
特に最後はビッグサプライズだよ!!!


(以下、翻訳)
大阪鋼巴は1980年1月1日に成立したが、かつては中国ともつながりがあった。賈秀全がこのチームでプレーしていたときにはJリーグ・ベストイレブンに選ばれ、元・深セン健力宝監督の遅尚斌はガンバユースで指導者を務めていた。
大阪鋼巴はJリーグの伝統的に強いチームというわけではない。前身は洋馬(ヤンマー)石油であり、4度の優勝を達成した。プロ化以降の優勝は、今回が初めてである。またカップ戦では3度優勝したことがある。

超強力攻撃陣
超攻撃的チームを引っ張るのは、ブラジル人助っ人の索雷斯(ソーレス?アラウージョのこと)だ。最終節・川崎前峰戦でも、彼が2ゴールを挙げた。今シーズンは30得点にも達し、ほぼ1試合に1点のペースであり、得点王になった。どのチームのDFも非常に頭を悩まされる存在だ。
FWの大黒将志も強力だ。日本代表として、W杯予選でもチームに貢献し、今シーズンは16ゴールを挙げている。
9ゴールの遠藤保仁、7ゴールの費南迪尼奥(フェルナンジーニョ)もマークすべき選手だ。

3-5-2フォーメーション
ソーレスと大黒将志が2トップを務め、橋本英郎と遠藤保仁が左右のMFを担当する。フェルナンジーニョがトップ下で攻撃を組み立てる。家長昭博と渡辺光輝がダブルボランチだ。3バックは左から山口智、宮本恒靖、索薩(ソサ?シジクレイ)、GKは藤谷陽介である。

日本代表選手が屋台骨
大阪鋼巴は3人の日本代表を抱える。ディフェンスリーダーの宮本恒靖、中盤の実力派・遠藤保仁、点取り屋の大黒将志。これにブラジル人3人が加わり、各ラインをリードしている。大黒将志とソーレスのコンビは絶妙である。中盤からのパスとミドルシュートを得意とする遠藤保仁とフェルナンジーニョは攻撃を組み立てる。宮本恒靖はリベロで、ストッパーのソサとの連携も良い。家長昭博はオランダでのワールドユースに参加し、まだ20才ながらすでにリーダーの雰囲気を持った選手で、中盤のディフェンスに貢献している。

西野朗はかつてのA代表監督
西野朗は1955年4月7日、東京埼玉県に生まれた。1996年にオリンピック代表の監督となり、オーバーエイジをかたくなに使おうとしなかった。優勝候補の最右翼、ブラジルを1-0で破ったが、得失点差でグループリーグを突破できなかった。
98年には柏太陽神の監督に就任。このシーズンが振るわなかったのは、ストイチコフがワールドカップのために、柏でのプレーに集中できなかったからである。99年、洪明甫も加わった柏は史上最高の成績を収めた。西野朗は日本人監督の中で代表的な存在となり、トゥルシェの後を継いで、過渡期の日本代表監督を務めている。

元記事
[PR]
by cfbs2 | 2005-12-04 21:31
スライド
萌え死ぬ。
[PR]
by cfbs2 | 2005-11-10 16:01

徐静蕾のココだけの話

中国でも芸能人が作っているブログ(中国語で"博客")というのはあるわけですが、なんと筆者・激ラブの女優、徐静蕾(シュー・ジンレイ)のブログが出来てたーー!

こちら

まだ開いてまもないようですが、いきなりパパの写真が貼り付けてあるのが笑えます。
[PR]
by cfbs2 | 2005-10-27 02:41

中国代表の肇俊哲が挙式

遼寧隊キャプテンにして、昨シーズンの国内MVP肇俊哲が挙式したのであります。嫁さんもキレイですな。そしてadidasのトレーナー姿で結婚式に参加する朱広滬・中国代表監督もさすがであります。まあ、ハオ様には負けるが。

元記事
歴代中国選手の結婚式・写真
[PR]
by cfbs2 | 2005-10-15 23:07
インテルのオフィシャルサイトによると、明日のインテルvsリボルノの試合で着用するユニフォームに、中国語のスポンサー名を入れるとのこと。“倍耐力(ペイナイリー)”とはPIRELLIの音訳。“輪胎”とはタイヤのことです。PIRELLIが中国・山東省(記事では広東になっている)に新しい工場を建設したことを記念してのもの。中国球迷の支持に感謝するということだそうです。

元記事
[PR]
by cfbs2 | 2005-10-15 18:24
Yahoo!チャイナのトップページに「日本女明星知名度調査」というのがありました。その中で日本の女優を10人並べて「あなたのいちばん好きな女優は?」というページがあったのですが

こちら


うーむ、数年前で時間が止まっているような。
伊東美咲とか矢田亜希子とか仲間由紀恵とか、いくらでもいるだろうに。
ヨン様やチェジウが日本でもてはやされている姿は
外から見るとこんな感じなんでしょうか?
とはいえ、日本の最新ドラマのDVDなんか中国でもそこら中で売ってるわけで、Yahooの中の人の感覚は、これでいいのかと。

ちなみにオイラは速水もこみちの存在を中国の友達に言われて知りました。
[PR]
by cfbs2 | 2005-10-12 17:28
ナカータのHPより、ホンジュラス戦について抜粋。

「4点目。これは敵ながら見事としか言いようがない。まあ、もちろんセンターリングの後のゴール前の競り合いはどうにか防ぎたいところだったが、それ以上に相手の18番の左サイドの走りは完璧だった。久しぶりにああいった痛快な走りを見た気がする。相手ながらに拍手をしたいくらいだった。

さすが世界の中田さん。
自分がマルティネスを初めて見たのは、2002年のカールスバーグカップ・ホンジュラス代表vsスロバキア代表@香港。直後のW杯に出たスロベキアが来たので、ザホビッチが見られるぜ~と思っていたら、マルティネスが4点ぶち込みやがりました。一躍、スタジアムを埋めた香港球迷のアイドルになっていましたよ。
[PR]
by cfbs2 | 2005-09-12 04:47
マンチェスター・ユナイテッドの一員としてアジアツアーに参加している董方卓(ドン・ファンジュオ、 Dong Fangzhuo)が23日の香港戦でゴールを決めた。
ロッシのゴールで先制したマンUは後半31分、香港GK範俊業のフィードをFW董方卓がパスカット。そのまま持ち込んでシュートを決めた。試合はマンUが2-0で勝利。
前半はファンニステルローイ、ルーニー、朴智星などが先発。董方卓は後半から出場した。

同じ日に北京・工人体育場で行われたレアル・マドリードvs北京現代の試合は、北京が路姜、イエリッチのゴールで2度先行したものの、ラウール、グティのゴールで追いつかれ、最後はフィーゴにPKを決められ、3-2で敗れた。

マンUvs香港
レアルvs北京現代

“ハオ様2世”董方卓、一昨年のA3でも大連実徳の一員として来日してます。
[PR]
by cfbs2 | 2005-07-24 08:49
7月28日(木)に大連実徳が新潟にやってくるらしいー!

これはオイラ的には完全に不意をつかれましたな。
なぜなら先日こんなニュースがあったから。

亀田製菓が天津に合弁会社、米菓事業で年商20億円目標

亀田製菓と合弁会社を設立したのは、中国の総合食品メーカー“康師傳”。
中国スーパーリーグで現在3位の天津康師傳のスポンサーであります。
であるからして、新潟vs天津の食品ダービーが行われるとばかり
思っていたんですが。

まぁ大連が来てくれた方が嬉しいけどね。

詳しくはおがさんがまとめてくれたこちら
[PR]
by cfbs2 | 2005-07-17 23:31