中国サッカーの情報を集めています。吉祥虎とは大連実徳のマスコットの名前です。「きっしょうとら」と読みます。たぶん。(管理人:ぞい)


by cfbs2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2005年 06月 15日 ( 2 )

中国がウクライナを3-2で破り、2連勝で早々とワールドユース決勝トーナメント進出を決めました。試合はウクライナが先制しましたが、前半31分、FW朱挺が右からのクロスをジャンピングボレーで決め(久保の「めんどくさい」ボレーを彷彿とさせるファインゴールでした)、同点に追いつきます。さらにウクライナのハンドで得たPKを陳涛が決めて勝ち越したものの、今度は中国がPKを取られてしまいます。この判定に抗議したFW朱挺がレッドカードで退場となり、PKも決められて再び2-2の同点に。しかし、中国はCKからファーサイドのMF崔鵬(ACLでもマリノスと対戦)がヘディングで決勝点を挙げました。

元記事
[PR]
by cfbs2 | 2005-06-15 23:36 | ユース
クアラルンプールで抽選が行われ、深セン健力宝はアル・アリ、山東魯能はアル・イテハドと、ともにサウジ勢と戦うことになりました。アジア王者のイテハドは、昨年の準々決勝で大連実徳を破っています。個人的にはボラ率いるアル・サード、宿敵アル・アイン、そしてたまにはイランのクラブ・パスとの対決を見たいと思っていましたが、全部外れました。

元記事
[PR]
by cfbs2 | 2005-06-15 23:01 | ACL・A3