中国サッカーの情報を集めています。吉祥虎とは大連実徳のマスコットの名前です。「きっしょうとら」と読みます。たぶん。(管理人:ぞい)


by cfbs2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

深センと山東がともにベスト8へ

国内リーグでは10試合でいまだ1勝と低迷していた深センですが、ホームで水原を1-0で破りました。ともに4勝1分1敗の勝ち点13で並んだものの、直接対決を1勝1分で制した深センがグループリーグ突破に成功しました。

試合は前半26分、CKくずれから李[王韋]峰のセンタリングをDFの忻峰が決め、これがそのまま決勝点に。深センは前節のジュビロ戦で3点取られたほかは、5試合を完封しています。昨シーズン優勝の基礎となった守備力の高さを見せつけてますね。

元記事


一方、すでにグループリーグ突破を決めている山東魯能は、アウェーでテロサーサナと対戦し、4-0で大勝。ダンチウレスクが2ゴールを決めています。マリノス戦のスタメンでこの試合に出場したのはダンチウレスクのみ。宋黎輝や韓鵬は準レギュラーですが、後は控えメンバーがほとんどです。それでもアウェーで4-0の大勝。仮定の話ですが、マリノスが得失点差勝負になってても危なかったですね。得失点差勝負になったらギャンブルみたいなものだから、やっぱり直接対決で叩かなきゃ危ないです。これは教訓として残しておいた方がいいですね。(つか、去年と同じ教訓・・・)

元記事


これで気になるのは準々決勝の組み合わせですが、東アジア同士は当たらないでしょうから、ボラ・ミルチノビッチ率いるアル・サードが50%の確率で中国勢とぶつかるわけですね。抽選は6月15日、クアラルンプールで行われます。
[PR]
by cfbs2 | 2005-05-26 20:55 | ACL・A3