中国サッカーの情報を集めています。吉祥虎とは大連実徳のマスコットの名前です。「きっしょうとら」と読みます。たぶん。(管理人:ぞい)


by cfbs2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

深セン健力宝チーム紹介

A3でマリノスと対戦する、昨季中国スーパーリーグチャンピオンの深セン健力宝の紹介です。(「セン」は[土川])

チーム名
読み方は日本語なら「しんせんけんりきほう」。中国語なら「シェンジェン・ジエンリーバオ」。

ホームタウン
広東省の深セン市。中国の経済発展の象徴のひとつとも言える都市で、この辺りには日本企業もいっぱい行ってますね。香港と大陸をつなぐ玄関口でもあります。

スタジアム
深セン市体育場。収容人数34000人。おいらは以前、大陸から香港に入るときに深センに半日だけ滞在し、スタジアムも周りだけ見ました。けっこう広い敷地内に誰でも使えるサッカーやバスケなどのグラウンドがありました。あと正門から入ってスタジアムの裏側辺りに(遠いよ!)、オフィシャルショップらしきものもあります。旧正月前で閉まってましたけどね。


チームの歴史
1994年 中国乙級リーグ(3部に相当)優勝。
1995年 中国甲Bリーグ(2部)優勝。甲Aリーグに昇格。
1997年 保険会社の平安がチームを買収。深セン平安隊に。
1998年 車範根を監督に招聘。
2000年 後にプレミアリーグ・エバートンのスポンサーにもなる科健(Kejian)と契約。深セン平安科健隊に。
2002年 甲Aリーグで準優勝。飲料メーカーの健力宝がチームを買収。
2004年 初代スーパーリーグチャンピオン。北京の投資会社・匯中天恒がチームを買収(なんだけど、チーム名は健力宝のままなんですね。この辺の契約、よくわからないー。)

3部からグイグイ実力を伸ばしてきたチームで、国際大会での知名度はありませんが、いまは中国リーグを代表する強豪です。それから車範根は現在、水原三星の監督なので、A3では深センの選手たちとの師弟対決が実現します。

昨シーズンの成績
11勝9分2敗(22試合)  勝点42  得点30 失点13

やはり失点の少なさが際立ってますね。新戦力も含めて、GK・DFは代表経験者が揃っているので、守備力は無問題。逆に攻撃力は、10番の鄭智が移籍したこともあり、不安を残します。


監督
朱広滬 Zhu Guanghu
(ジュー・グァンフー、しゅこうこ)
1949年9月25日

2002年の中国最優秀監督。今年3月に発足する新体制中国代表の監督に内定しているとの報道あり。去年も言いましたが、岡ちゃんがジーコの後釜に持ってかれるようなもんですよねぇ。(2月7日追記:ぶっちゃけもう代表監督に確定しちゃって、A3来ないらしいです。エグイ。)

主力選手
5.李[王韋]峰 Li Weifeng
(リ・ウェイフォン、りいほう)
1978年1月26日 182cm 75kg
中国代表のキャプテンを務めるチームの顔。李鉄とともにエバートンに移籍しましたが、半シーズンで帰国しました。高さと強さに優れたCBです。特筆すべきは“大頭”の愛称で知られるヘッドの強さ。日韓W杯の最終予選を初めとして、セットプレーからたびたび貴重なゴールを挙げています。“炸弾頭”中澤との制空権争いが見たいんだけどなー。

7.Djima(吉馬)
1976年10月18日 175cm 68kg
トーゴ代表のFW。昨シーズンは9ゴールを挙げました。それでもチーム得点王。こんな写真しか、ありませんでしたよ。まぁ運動能力高そうなのはわかりますね。

3.楊晨 Yang Chen
(ヤン・チェン、ようしん)
1974年1月17日 186cm 82kg
ブンデスリーガのフランクフルトでもプレーしたFW。2002W杯のトルコ戦では、弾丸ボレーをポストにぶち当てています。スピード、運動量、フィジカルをバランスよく兼ね備えた大型FW・・・であったのですが、最近はちょいベテラン化。チームでは中盤をやらされたりして苦労もしてるようです。FWに固定した方がいいと思うんですけどね。性格もメチャクチャ良い兄貴肌です。東アジア選手権では、久保について「ボールがないときのポジショニング、動き出しがいい。とてもクレバーな選手だよ」と絶賛しておりました。そして、フランクフルトにいたとき、ブンデスリーガの先輩・車範根にかわいがられていたようです(CHONBUKblog参照)。A3が単なる同窓会になりそうな予感。車ドゥリも帰って来い!

9.李毅 Li Yi
(リ・イ、りき)
1979年6月20日 184cm 76kg
“快馬”のニックネームを持つ、スピードを持ち味とするFW。2003年甲Aリーグ得点王だが、昨年は3ゴールと低迷した。アジアカップ決勝では途中出場し、GKと1対1のチャンスをつかんだが、よしかつのセーブに阻まれる。東アジア選手権でも中澤に抑えられていたし、けっこう内弁慶の匂いがする・・・

10.王新欣 Wang Xinxin
(ワン・シンシン、おうしんきん)
1981年4月27日 182cm 69kg
遼寧からレンタルで新加入した攻撃的MF。アテネ五輪予選の代表で、2002年アジア大会の日中戦なんかでもけっこう目立っていました。鄭智の10番を引き継いだことからも、期待の大きさがうかがわれます。

21.李明 Li Ming
(リ・ミン、りめい)
1975年5月4日 180cm 80kg
山東→上海中遠(国際)→深センと渡り歩いたCB。大連のイケメンMF・李明とは同姓同名です。まあ「李明」って日本語で言ったら「鈴木一郎」くらいのノリだからなー。

周挺 Zhou Ting
(ジョウ・ティン、しゅうてい)
1979年2月5日 182cm 76kg
青島から新加入。左サイドのSB、MFとしてプレーする。中に切れ込んでの右足キャノンシュートはかなり強烈。何気にカードコレクターでもあります。確か東アジア選手権では、安貞桓と「やんのか、コラ」みたいな雰囲気になっていたような。


戦力面で昨シーズンとの大きな違いは、何よりも中国No.1プレーヤーの鄭智(ジョン・ジー)が山東に移籍してしまったこと。健力宝の経営難による、給料の未払いなどもあり、強化がガタガタになる怖れもあったのですが、こんな感じで補強しており、あまり心配はいらないそうな。
 
サポ画像なんぞも。
ゲーフラ祭り 張健というのは深センの社長さんなので、マリサポが左伴ゲーフラ出すようなもんだ!かっこいい!
優勝してピッチに下りてしまうサポ 
大がかりな祝砲を用意

(1月30日投稿)
[PR]
by cfbs2 | 2005-02-05 23:07 | ACL・A3