中国サッカーの情報を集めています。吉祥虎とは大連実徳のマスコットの名前です。「きっしょうとら」と読みます。たぶん。(管理人:ぞい)


by cfbs2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

深センは「韓国速度」を身に付け、A3に挑む

AFCのコーチ研修を終えた深セン監督・朱広滬は、16日にチームの指揮を開始した。初日のテーマは「どのように韓国のスピードに対抗するか」。A3には水原と浦項という、ふたつの韓国チームが参加するからである。

この日の練習は深セン市体育場のサブグラウンドで行われた。朱広滬は20人の選手と4人のGKを二組に分けて、紅白戦を行った。緑のビブスを着た主力組のFWは、楊晨と李毅。陸博飛、陳永強、王宏偉らが中盤。DFラインには李明らが入った。

紅白戦の序盤から、双方が激しく争った。一方が消極的になると、朱広滬は「前へ!前へ!」と大声で叫ぶ。チームの速い攻めをうながすために、チャンスにボールを出さなかった選手には腕立て伏せや罰走を課した。「オフェンスは10秒以内にシュートまで持っていかなければダメだ!」朱広滬はこう要求するのである。

朱広滬はあらゆるルートを通じて、A3で対戦する日韓クラブの映像を入手しようとしている。水原と浦項のビデオはある程度、手に入れたという。また彼は、他の方法も利用している。たとえば、水原三星の監督・車範根がかつて深センで指揮を執っていたときの教え子である謝峰・王宏偉たちとコミュニケーションをとり、車範根の戦術を分析するのだ。

午後のミーティングで、朱広滬は語った。「全力でA3とACLに臨み、いい成績を取ろう。全国の球迷の期待に応え、王者らしさを見せるんだ!」

元記事

A3では岡ちゃん、車範根、朱広滬と、日韓中を代表する監督が揃い踏みするわけですな。
[PR]
by cfbs2 | 2005-01-18 01:20 | ACL・A3